ブログ説明

2人と2匹の雑多な日常。くろおみ兄弟のこと、料理のこと、趣味のこと、その他諸々ひっくるめて生ぬるく更新中。

2017年2月12日日曜日

夢見が

ここ2日というもの、夢見が悪くて寝覚め最悪の狛ぞーです。
私の夢は続き物だったり、めちゃくちゃリアルだったりするのでたまに夢なのか何なのかわけわかめ。
忘れる前に自分メモな記事ですので、面倒な方は読み飛ばす事をお勧めします。


一昨日のは、過去に何か起こって人が大量に消えた集落でのサバイバルホラーで、天の声みたいなのの指示に従わないとバタバタ人が死ぬ夢でした。
一番怖かったのが、ちょっとおかしくなったオッサン3人が、天の声に言われるがままにロープを用意して笑顔で首を吊った瞬間でした。
オッサンたちが首を吊った階段の形が、うちの実家の階段そっくりだったんだもの。


昨日のは、ジャングルの奥地で消滅寸前にある少数民族とそれを取材に行った日本人フリージャーナリストの男の話。
取材に行ったは良いんですが、半ば脅される形で族長の娘と結婚させられるんですよ。断ったら殺されるし、娘も気位は高いけど良い子なので黙って従うんですね。最初はほとんど監禁状態なんですが、慣れてしまえば村もそれなりに居心地良いし、村人も人懐こいし、男も徐々に村になじんでいきます。
村人が気を許すようになったある晩、男は娘を連れて村を逃げ出します。日本へ帰るのを諦めてなかったんですね。
パスポートとか燃されてた気がするのでどうやって帰ったか分からんのですが、何とか日本へ辿り着きます。
しかし何年も日本を離れてたせいか、そこはかとなく漂うアウェー感。数少ない友人も厄介事は御免だと突き放すし、親兄弟とはそもそも疎遠だから頼れないし、好いて連れてきた娘もこんな木も草も無い所じゃ暮らせないと言うし。
途方にくれた男は、そうだ!ド田舎に住もう!ってなるんですが、向かった山奥にも開発と環境汚染の影響が。
結局、現状に失望した男は勝手に自殺してしまいます。
言葉も通じない遠い異国で一人きりになってしまった娘はこれからどうするんやろう。
っていう、後味の悪い夢でした。


こういう長い夢見るときは、目覚めると大抵ドッと疲れているので寝た気がしません。
見るなら楽しい夢が良いんだけどな。

0 件のコメント:

コメントを投稿